気軽にできるコミュニケーションツール

恋人や友達、メル友などを見つけるために活用されているコミュニケーションサイトをであい系と言います。

昔でいえば文通のようなコミュニケーションツールですが、より気軽に数多くの人と簡単、気軽にコミュニケーションができるのがであい系の特徴です。特に現在の情報化社会において非常にニーズがある「であいの場」といえるのはないでしょうか。

そして、インターネットがどなたでも気軽に利用可能になったことで、携帯電話を使って外出先でもであいを探すことができます。この携帯電話こそが大きな存在で、であい系の普及に貢献したといえます。しかし、この様に気軽に誰でも利用可能になったことで、デメリットもあります。

みなさんもご存知だと思いますが、悪質な犯罪や事件に巻き込まれる可能性があります。こういったことを理解した上で、であい系を使用されたほうが良いでしょう。どのであい系も、ほとんど使い方は同じで簡単に覚えることが可能です。違うといえば利用料金の支払い方や料金設定くらいでしょう。そんな、手軽に利用出来るであい系だからこそ個人情報には注意が必要です。

プロフィールやメールでのやりとりで気軽に自分の情報を公表するのは、避けたほうが良いです。特に、電話番号やメールアドレスの取り扱いには十分注意が必要です。サイトの中には、個人情報を悪質なことに利用する業者などがたくさん隠れております。

また場合によっては、未成年がお小遣い稼ぎに売春をしている可能性もあるので気をつけて下さい。利用者の中には、現実社会と切り離して考えている方もいますが、ある程度のマナーや礼儀を意識してコミュニケーションを取らないとトラブルに発展する可能性もあります。

マッチした相手からメールが来る

通常のであい系サイトは、相手のメールアドレスを聞くまでが第一難関といった感じです。しかし、ここにきて新たなであい系サイトが登場しました。なんと、サイトに登録すると女性のメールアドレスが送られてくるというのです。

ランダムに選ばれて送られてくるわけではなく、サイトに登録する時に都道府県と年齢を入力して、あとは好みのタイプの女性をいくつか選んで、メールを待ちます。

コンピューターがマッチングしてくれるようで、地域と条件をすりあわせて男性のメールアドレスに女性のメールアドレスが記されたメールがサイトから届くようです。サイトが関与するのはここまで、後はご両人でうまやってくださいという方針のようです。

二人きりのやり取りですから、お互いに集中しやすいと思います。条件も合っていますし、地域も同じなので気が合えば、会ってみる? という展開も期待できます。そのためにも最初に送るメールはとても気を使いますね。

相手の機嫌を損ねてしまっては、せっかくのであいもパーになってしまいますから。そして、いくら条件の合う相手でもメールのやり取りをしている途中でちょっと違うかもということがあるかもしれません。そんな時は次の人を待ちましょう。直アドでのやり取りはサイトにアクセスする必要がなく便利です。であい系サイトにログインして検索に時間をかける必要もありません。

ただ、条件にマッチした人のメールを待つだけ。どんな人と出会えるのかメールが届くまでわからないのは少しドキドキしますね。きっと相手もドキドキしているはずです。直接自分のアドレスにメールが届くので、返信のタイミングによっては話しがあっという間にまとまるということもあるでしょうね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ